like a fate   ❤be reunited with❤

一泊の旅行の準備をして来てください、とメールが入る。 LAXを発つ前に送られたメールだった。 「断られることを想定してないのね...。 迷ってもしょうがないし、神様の話は長そうだし、一泊してみるか。」 和織は一泊する準備を整え、空港へと向かった。 到…

different views

「どうして連絡くれないの?」 「どうして電話に出てくれないの?」 「そんなに私が嫌なの?」 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「私の何が嫌なの?」 「キチガイか....」 黒田はスマートフォンを見ながら吐き捨てるように言った。 どうして女はこうも連絡を欲しがる?…

If I had one wish…

少しづつ暖かくなっていく。 散歩でもしようかと、栞は薄手のカーティガンを手に取った。 オオイヌノフグリやタンポポが道端を飾っている。 花たちが、寒かった冬がようやく終わることを告げていた。 公園の一角に大きな白木蓮の樹があった。 百合のような花…

Love in the air

オフィスはいつも乾燥していた。 PCが何台も稼働しているし、空調はCPUの為に動きっぱなしだからだ。 「大丈夫か?」 背後から上司の塚田が声を掛けた。 ずっと咳が止まらない里香を心配していた。 「アレルギーで喉が炎症を起こしているだけです。 ご心配く…

The judge

「離婚したいと妻に言われたんです。」 男性客はとても疲れている様子だった。 この男は、ちょっと変わった性癖を持っていた。 それを妻には話せず、ずっと結婚生活を続けてきた。 ある日、男は自分の性癖を満たしてくれる女性と出会ってしまった。 SNSで同…

like a fate ❤personal history❤

❤︎ continuation from last time... 老紳士はアメリカに住んでいて、仕事で日本に来ていた。 明日帰るからと、連絡先の名刺を差し出された。 和織は少し戸惑いながら、名刺を受け取った。 「あなたの連絡先は教えてもらえないのですか?」 和織はメモを取り…

like a fate   ❤act of God❤

休日、ホテルのラウンジでお茶をしながら読書、それが彼女にとっての贅沢な過ごし方。 人を見ているのが好きで、おしゃべりが苦手。 彼女...和織はそんな女性だった。 和織はカフェインが飲めない。 少々カフェインのアレルギーがある。 フレッシュミントの…

Unnecessary

「和織さん、今晩和。」 「いらっしゃい裕ちゃん。 こんな遅い時間に来るなんて珍しいねぇ!!」 裕はこの店の常連で、和織はこの店のソムリエールだ。 「和織さん... 私、今さっき男を捨ててきた。」 「ぇええええ。」 「ちょっと酔い醒ます?」 和織は冷た…

petrichor

郵便局にパンフレットなどの送付の為に外出する。 外に出てみると雨が降っていた。 オフィスはブラインドが降りていたので、雨が降り出していることに気が付かなかった。 「傘を取りに戻らなきゃ...」 エレベーターに逆戻り。 溜息をついているとエレベータ…

volatile girl-in love

「来週は逢える?」 「来週逢おうね。」 だけど... 彼からの具体的な日取りの連絡はない。 「今週は逢えないの?」 「ごめんね。バタバタと予定が入ってしまって、今週逢うのは無理なんだ...。」 それって言ってくれてもいいことなのでは? 彼はいつもそうだ…

The same selection

私は小さなワインバーで働いていて、あのひとは時々みえるお客様。 どういう経緯でかは覚えていないけれど、オフの日に一緒に食事をする約束をした。 お店の予約はあのひとがしてくれて、互いに一本ワインを持ち寄ることになった。 自宅のワインセラーを覗き…

In wine there is truth...

静かな通りに ひっそりと その waine bar はあります そこには女性ソムリエがいて 戀する老若男女が集っています そしてその女性ソムリエもまた いつも戀しています 樽から瓶詰されたワイン一本一本は 誰の元に向かうか決まっています 人とワインの出逢いと…